眠れる森の美女

 

 

跡継ぎのお姫さまに恵まれたフロレスタン王は、姫の健やかな成長を見守ってもらおうと、国中の妖精を洗礼式に招待しました。そしてお姫さまはオーロラ姫と名づけられて、お祝いに妖精たちから様々な美徳を贈られました。しかし式典長のミスで妖精カラボスが招待客のリストからもれていたのです。カラボスはめでたい祝いの場に乱入し、この無礼の仕返しをしてやる、とオーロラ姫に呪いをかけました。美しく成長した姫は糸紡ぎの針に指を刺されて死ぬというのです。贈り物をしていなかったリラの精がカラボスの呪いを薄め、姫は100年の眠りについた後、王子の訪れによって目を覚ますと救いの手を差し伸べました。

 

16才の誕生日を迎えたオーロラには求婚者も現れ、城はめでたい雰囲気に包まれました。そこへ老婆に変装したカラボスが現れて姫に花束を渡しましたが、その中に針が隠されており、オーロラ姫は指を刺されて倒れてしまいました。嘆き悲しむ王や王妃の前にリラの精が現れ、王や王妃を始め、人間から動物、調度品に至るまですべてをオーロラ姫とともに眠らせてしまいました。そして城はツタやいばらに覆われ、誰にも邪魔されることなく100年の眠りにつきます。

 

 

 

100年の時が過ぎ、狩に来ていたデジレ王子はなかなかよい伴侶に恵まれないことに頭を悩ませていました。そこへ王子の名付け親でもあるリラの精が現れてオーロラ姫の幻影を見せると、デジレ王子はすっかり姫の虜となってしまいました。リラの精がデジレ王子を眠れる城へと連れて行くと、城を覆っていたツタやいばらはデジレ王子のために道を開けました。そしてカラボスとその一味を追い払ったデジレ王子は、眠っている姫を探しだし、100年の眠りを覚ます口づけをしました。すると、オーロラ姫とともに城中のすべてが目を覚ましました。そしてみんなに祝福されてオーロラ姫とデジレ王子は結婚の約束を交わしたのでした。

 

 結婚式は盛大に行われ、妖精や童話の主人公たちも駆けつけ、楽しいダンスを披露してくれました。オーロラ姫とデジレ王子も華やかで気品あるダンスを踊りました。そして二人は自分たちを結びつけてくれたリラの精から祝福を与えられたのでした。

 

 

白鳥の湖

 

 

 

舞台はある王国の城の庭園。成人を控えた王子ジークフリートの前祝いが行われている。そこへ王妃が姿を見せ、翌日の舞踏会に招いた娘たちの中から花嫁を選ぶようにと命じます。夕暮れが迫り、大空を渡る白鳥の群れを目にした王子は心惹かれ、白鳥狩りに出発します。

 

荒涼とした光景の中、月に照らされた湖が広がっている中オデットと出会います。自分は悪魔に魔法をかけられ、昼間は白鳥の姿にさせられたと王子に打ち明けます。人間に戻れるのは夜の間だけ。魔法を解くには永遠の愛が必要だと言う。王子は愛を誓います。二人は心を許し合うが、やがて夜明けが訪れオデットは王子に別れを告げ、白鳥となって飛び立ってゆく。

 

 

 

お城の大広間では花嫁候補が次々と登場するが、王子のオデットへの思いは募るばかり。そこへ変装した悪魔ロッドバルトが娘オディールを連れて現れます。王子はオディールをオデットだと信じ込み、永遠の愛を誓ってしまう。その途端、悪魔たちは本性を現し高笑いしながら去る。愕然とした王子はオデットを探して城を飛び出し、湖に向かいます。

 

 

 

絶望のあまり、人間の姿のまま命を絶とうとするオデットを、同じように白鳥にされた娘たちが必死に押しとどめる。王子が駆け付け、オデットへの変わらぬ愛を訴える。オデットは湖に身をおどらせ、王子も後を追う。死をも恐れぬ二人の愛の前に、悪魔は滅び去ります

 

 

くるみ割り人形

 

 

 

クリスマス・イブの夜、少女クララの家の大広間では、盛大なクリスマスパーティーが行われています。

 

広間には大きなクリスマスツリーがあり子ども達や客人が楽しく遊んだり踊ったりしています。そこにドロッセルマイヤーが現れます。彼はクララの風変わりな叔父さんで、おもちゃのプレゼントをあげたり、手品を披露したりして子供達を夢中にさせました。

 

クララももちろんドロッセルマイヤーからプレゼントをもらいますが、彼女へのプレゼントは、可愛らしくないくるみ割り人形。でも、心優しいクララは、彼女の弟やその友達が、どんなに彼女をからかっても、そのくるみ割り人形を大切に扱うのです。

 

 

 

パーティも終わり、みんなが寝静まった深夜、時計の鐘の音とともに、クララの体は人形くらいに小さくなってしまいます。そしてそこに、ねずみの王様とその手下たちがやってきて、くるみ割り人形と仲間の兵隊人形たちと戦いはじめます。クララが見守っていると、くるみ割り人形がねずみの王様に負けてしまいそうになります。そこでクララは、自分が履いていたスリッパをねずみの王様に投げつけ、くるみ割り人形を救いました。クララにお礼を言うくるみ割り人形は、いつの間にか美しい王子へと姿を変えています。美しい王子となったくるみ割り人形は、優しく勇敢なクララをお菓子の国に案内します。

 

 

 

お菓子の国に向かう途中クララと王子は、雪の国を通ります。雪の国では、雪の女王や雪の精たちが、舞い踊りながら彼らを見送りました。帰ってきた王子と王子の客人であるクララを金平糖の精や、チョコレートの精、コーヒーの精、お茶の精などが歓待します。華やかなお菓子の国での時間を楽しんだクララは、家族が寝ている間に、くるみ割り人形であった王子に送られて、家に帰ってきました。クララは、自分の冒険が夢ではないことを確信しながら、眠りにつきます。

 

 

ラ・バヤデール

 

 

 

ニキヤはインドの寺院に仕える美しいバヤデール(舞姫)。ニキヤにはソロルという恋人がおり、二人は寺院の聖なる火に永遠の愛を誓ったが、勇士としての誉れ高いソロルはラジャに娘のガムザッティーと結婚するように命じられました。最初は断ろうとしたソロルだったが、美しいガムザッティーに心を動かされ、ついにはラジャの命令に屈服してしまった。

 

 

 

 ニキヤに横恋慕する大僧正は、邪魔者ソロルを抹殺せんとして、ソロルがニキヤと恋仲である事をラジャに告げ口したが、大僧正の思惑とは裏腹にラジャはニキヤを邪魔者とし、抹殺する事を決意した。

 

 一方、一目でソロルに恋したガムザッティーは大僧正とラジャの話しを立ち聞きし、ニキヤを呼び出して、ソロルは私と結婚するのだから身をひいてくれと迫った。しかしニキヤは一歩も譲ろうとはせず、ついには強引に迫るガムザッティーに刃を向け、拒絶した。ガムザッティーは怒りに燃え、「ニキヤは死ぬわ」と言い捨てた。

 

 そしてソロルとガムザッティーの婚約式の日がやって来た。ニキヤは舞を舞うように命じられるが、その際に渡された花かごに毒蛇が仕込まれており、かまれたニキヤは息絶えた。

 

 

 

 ソロルは自責の念に苛まれ、阿片に溺れた。そして阿片の幻覚の中でニキヤの亡霊を見、影の王国に連れていかれ、再びニキヤと愛を確認するのだった。

 

 

 

 しかし現実の世界に戻ったソロルにはガムザッティーとの結婚式が待っていた。抜け殻のようになったソロルは式に臨むが、その時聖なる火への誓いを破った事に怒った神が寺院を崩壊させてしまい、そこにいた者はすべて瓦礫の下に埋め尽くされてしまった。そこへニキヤの亡霊が現れてソロルの魂を救い、天国へと導いていくのだった。